FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
魔女の館 (8)
(8)貴族の憂鬱







ドサリと音を立てて寝転がったアルファの下、白く細やかな模様のベッドが微かに揺れた。


その柔らかい素材に包まれながら、疲れた顔で天井を見上げる。


見上げる先には豪勢な装飾に包まれた光が照らし出し、足元はアルファの混じりけのない


蒼い目を映し出したような色のカーペットが敷かれている。




見慣れた自室に入るとともにアルファは引き締めていた表情を開放し、そのままベッドの



上で目を閉じた。真っ白のベッドと同じくらい白い肌の青年は豪華な部屋に見劣りすることなく



むしろ絵画の一つのように馴染んでいたのだが、その口から出たのは疲れきった一言だった。






「はぁ・・・・・・いつまでこんな茶番に付き合わなくちゃならないだろうね。」





細めた目が光りに照らされ、蒼い目が透き通った水色に変わる。親譲りのその色ははたから



見れば、ほっと息を吐きたくなる程美しく、けだるげにベッドに横になる姿は、目を奪う光景ではあ



ったがあいにくこの部屋にはアルファ一人の存在しかなかった。





当の本人は自覚なく、彼にしては珍しく気を抜いた格好で寝込んでいた。



先程のパーティの空気が余程合わなかったのか、疲れた憂鬱な表情で少し横になり窓の外を



眺める。



その顔に疲れはあるが、派手に倒れた時の具合の悪い様子は皆無だった。



それもそのはずで、周囲の人間に知れ渡っている、身体が弱く病弱な事実は元からない。



生まれつきの病的な雰囲気を生かし、パーティから逃れるためにアルファがわざと流した



ただの噂で、本人に持病などはあるはずもなかった。









げっそりとするような賛辞の目と、憧憬、それからそれに匹敵するほどの敵意の目にアルファは



精神的に疲れている。そんな中ふと思い出した。



ベビーピンクの大きな目と愛らしい顔の少女。年の割りに落ち着いた物腰と、大人びた口調が



アルファの興味心を擽り、始終無表情の顔が思い浮かぶ。







「そうだ。気晴らしに今から出掛けようかな。


フレアに何か贈り物でも持って・・・・何が喜ぶだろうか?」





ふと、思いついたことに自然とアルファの口元が緩む。


あの屋敷に行こうと思いついた瞬間から憂鬱な気持ちが晴れていく。




窓の外を見ると、もう薄っすら赤らんでいて夕焼けが美しい。この時間帯に屋敷へと入れば


さしもフレアとて帰れとは言えないだろうし、もしかしたら常に無表情を保っているフレアの驚いた


顔が見られるかもとアルファは楽しげに想像するとゆっくりとベッドから起き上がった。




けだるげな様子が消え、楽しげに代えの服を用意する。悪戯を思い付いた子供のような表情は



アルファをよく知る人物が見れば、気味悪く感じるかもしれない。それ程に珍しく、楽しげ



に見えた。






「秘密裏にエルデル君に頼もうか。それとも・・・・・・・・・・・・」



少し、考えてふと思う。もしかしたらこの時間帯、パーティに勤しむ者たちばかりで忙しいはず


なのだから、もしかしたらあの場から少し離れているこの自室の周囲に人はいないのかも



しれないと。




アルファは立ち上がり、窓の外を見下ろす。見下ろした先には人の姿はない。





「ふふ。楽しそうだな。一度やってみたかったんだ。」




エルデルに見つかれば、かっと怒って向かってくるだろう姿を想像し、くすりと笑う。



けれど、多分今から出掛けたいなんて言えば、困惑し反対されかねないだろうことを思うと



アルファにはその方法しかないように思えた。




そしてそれが一番面白いと。






ガラリと窓を開き、真っ赤に染まる夕日を眺めるとフレアの屋敷のある方角をそっと見つめる。




そして、アルファはなんの躊躇もなく傍にあるカーテンを引き裂くと手早い仕草で近くの手すりに



硬く結び下を覗いた。




「3階か・・・・・・・・・・・・まぁなんとかなるだろう。」




カーテンの長さの足りなさを気にした様子もなく、躊躇なく窓に足を乗せ、



そして飛び降りた。










その姿は幸運にも誰にも見つけられることなく、アルファは自室から姿を消した。










<戻る  進む>


スポンサーサイト
【2008/08/06 21:58】 | 中編小説 魔女の館 8 | トラックバック(0) | コメント(0)
☆★☆Life★☆☆


主に小説

カウンター

現在の閲覧者数:

ブックマーク♪

★プロフィール

mitu

Author:mitu
★紹介文★

主に小説書きをしていく予定。よろしくお願いします。
管理人 mitu
血液型 O型
学生   

最近の記事+コメント

めにゅ♪

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

★リンク

このブログをリンクに追加する

★ランキング参加中 ポチっと押してネ♪

FC2ブログランキング

お気に入りサイト

ちょびリッチ

懸賞・小遣い ちょびリッチ ↑わたしの一番お気に入りのサイトです。小遣い稼ぎにGood マクロミルへ登録 ↑アンケートモニターサイトの中ではぴか一。貯まりやすく、アンケートがたくさん届くのがいい。

Lc.ツリーカテゴリー

2択アンケート♪

ランキングLINK

<< にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。