FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
魔女の館 (5)
(5)兄の陰




足早にやってきたフレアの手元からとてもいい香りが漂ってくるのをアルファはにこやかな

笑顔でもって迎えた。


フレアの腕に抱いている皿の上にふわりとやわらかなお菓子がのっていることに少し目を

丸くする。手作りのように見えるその菓子は仄かな甘い匂いを漂よわせ、アルファの興味

をそそった。




「君が作ったのかな?とても美味しそうだね。」


フレアの眉がぴくりと動く。けれど表情は仮面を被ったように無表情のままで抑揚ない言葉

で呟いた。


「違う。私は少し手伝っただけ。これは・・・・私の兄が作ったものよ。」


歯切れの悪い口調で呟くフレアが少し不振だったが、それ以上にその内容に目を細めた。



「へぇ、お兄様がいるのかい?それは知らなかった。」


「ええ。・・・・・・とてもとても我侭な兄が一人・・・。ただ料理に対してだけならとても

腕がいいから、安心してちょうだい。」



かたりと机に置かれたケーキをナイフで切り分けようとするフレアだったが、意外に不器用

なのか少し手こずる様子を見せた。

周りに綺麗にあしらったクリームが疎らに飛び、せっかくのケーキが少し凹んでしまう。



見かねた、エルデルが後ろから手を差し伸べた。少し失礼かもしれないと躊躇した様子で


「やりましょうか。」


と問うエルデルをじっと見つめ、フレアは静かにナイフを渡した。







綺麗に切り分けていく菓子を横目でちらりと見るフレアを見て、アルファを声を忍ばせくすくす

笑った。忍ばせた甲斐もなく、笑っているのがバレバレであるのだが一睨みされてもあまり

気にしはしない。



あえて笑い返すアルファに呆れ、諦めたようにため息を吐いてフレアは何も言わなかった。





「もしかして、お兄様と二人で暮らしているのかい?」


この落ち着いた沈黙も、居心地がよかったのだが、ついつい興味心がアルファの口を開か

せる。兄と妹。このような組み合わせの二人がこの館に住んでいるとはなんとも珍しく不

思議だった。


勝手な想像だが、この館を初めて見た時、住んでいるのは年の老いた老人だろうと決めつけ


ていた。森の奥に住まう人間だなんてそういった者か相当酔狂な人間くらいだと。



「ええ、・・・・・・兄と二人で住んでいるわ。それが何か?」


言外に何か文句でもあるのかというようなニュアンスを含んだ物言いでじっと見つめてくる

フレアの目に、少し気圧されそうになる。

このような子供に気圧されるなどと、普段なら嘲笑るところだが、相手はフレアだと思うと

あまりプライドに触らなかった。

それが少し不思議である。



これ以上に踏み入られるのを嫌がるように表情を硬く崩さないフレアを見て、どうにかして

この無表情を動かしたいという気にさえさせる。


どうしてここまで気になるのか。自問してみても答えは出ない。

けれど、とにかく自分のかき集めて、かき集めてしてやっとできる興味心という感情が、

今目の前の子供に向かっていたら、どこからともなく湧き上がってくる。




「君のお兄様だったら一度お会いしたいものだ。ねぇエルデル君。」


エルデルが、静かに皿へと菓子を並べ終え、主人らの前に出している途中、


いきなりふられたことにたいして、少々どぎまぎと答えた。



「そうでございますね。きちんとケーキのお礼を言わなければ。」


律儀に答えるエルデルにフレアは冷めた視線を向けた。


ケーキを二人分机に並べたのを見て、フレアは口を開く。


「食べてもないのに言わないで。私はいらないから貴方が食べるといいわ。」



静かに席をたつ、フレアに慌てたようにエルデルが留めさせる。




「いえ、わたしは結構でございます。どうぞ召し上がってください。」


「いいから食べて。」



「いえいえ、お気にされずそのまま、あの。」


「いいから座って。」




そのような押し問答を何度か繰り返している内に、アルファがやおら立ちあがり3枚目の皿に


器用にケーキを乗せた。






二人の視線が物言いたげにアルファを見つめる。


にこりと整った顔で微笑えむアルファは何事もなかったように自分の席に座り直すと


当然のごとく二人に席を勧めた。




「喧嘩しなくとも3人分あるだろう。ほら。」



トントンと両隣を叩くアルファに二人はなんともいえない複雑な顔で呆然とした後、

大人しく席に着いた。









一口口にいれると、甘くしつこくない柔らかさと風味に頬が緩む。

それ程に美味しい菓子だった。貴族の高価な菓子より、よほどアルファを満足させる美味しさ

である。


「お兄様は天才だね。こんなに美味しいケーキは初めてだ。」




甘いモノが大好きであるアルファは気に入ったようでさきほどから4,5キレは口に入れて

いた。にこやかにお菓子を頬張るアルファとは対照的なのが両隣で険しい顔をする二人で

ある。天敵でも見るような顔で菓子をじっとみて少量を口にする。


「うぅ・・・・・」

「甘い・・・・」



同じタイミングで、そう口にした二人は同時に顔を見合わせた。


両者とも、貴方もか・・・・・というように目でコンタクトをとった。



アルファの美味しそうな顔を恨めしげに見るエルデルと、ぱくぱくと口に入れ見る見る内に


ケーキを平らげるアルファに、顔を引きつらせるフレア。




アルファは最後の一切れを綺麗に食べ終えると、見られているのにふと気がつき、少し


首を傾げた。



「どうかしたかい?おや、二人ともペースが遅いね。」


フレアが静かに手を止めて、ぷいと首を背けた。


「貴方を見ていたら食欲が無くなったわ。」


「甘いのが苦手だったとは、気づかなかったな。子供はこういうお菓子がすきなもの

なのにねぇ・・・・・・・・・」




ずばり言い当てられ、少しむっとしたが別に隠すことでもないと思いなおしたのか、フレアは


頷きながら返した。




「ええ、苦手よ。それから子供子供とさきほどから失言だわ。

私を子供扱いしないでちょうだい。」




そう言いながらも、ずっと大人びた風でいた彼女にしては、子供っぽい仕草でちらりとこちら

を睨んだ。その仕草が少し可笑しい。



手を口元へやり、こみ上げてくる笑い我慢しているとそれに気づいたフレアがむっと


顔を赤く染める。


さきほどから、感情の変化が表情に少し表れる様が見受けられる。それが楽しかった。


「子供じゃないのかい??」


「もう立派な女性だわ。言っておくけどこれは、借りのす・・・・・・っっ。」



変なところで言葉を切った、フレアをもう一度問い正そうとしたけれど、それを聞く前に

タイミング悪く、反対側の隣から低い声で阻まれた。





「アルフォール様・・・貴方、わざとですね。」


恨めしげに睨まれて、アルファは困ったように見返す。





エルデルが綺麗にケーキを食べおえ、息絶え絶えにこちらを睨んでいる。


勿論、付き合いの長い、エルデルの苦手なモノなどすっかり把握しているはずのアルファ


が甘いケーキを突き出したことへの恨み言だろう。




何か言いたげだが、フレアを目の前にしていいずらそうに口を閉じる。


「これでお兄様にお礼が言えそうだね。あははは。」



アルファは、笑ってその場を誤魔化すことで乗り切った。





「そうだお兄様だけど、ご挨拶させていただけないかな?この屋敷の住人であるのだし、

庭にまで失礼したのだから少しだけでもお礼をね。菓子のお礼もしていないし。」


隣のエルデルもこれには頷く気配を見せた。


アルファが聞くと、フレアの眉がぴくりと動く。


「・・・・・今は駄目だわ。・・・・足が悪くしていて館から出られないの。

そういうことは気にしなくていいから、さっさと見学してお帰りいただきたいわ。」



なんの躊躇もなくずばりと言い切ったフレアの冷たさに、しかし少しも怯まずにアルファ


は目を細めてふわりと揺れる髪を一房持ち上げた。



「つれないな。せっかく少し仲良くなれたと思ったのに・・・・フレアは本当に冷たい。」





低く、耳元で囁いたらフレアの動きがぴたりと止まった。


その様子に不思議そうにじっと見下ろしていると、耳元が赤く染まったような気がして更に


首を傾げて覗きこんだ。



「フレア?どうかしたかい??」




黙って動かなくなった彼女がさすがに気になり声をかける。


応対がないので、ちらりと困ったようにエルデルを見たが、彼もただただ口を開閉するだけで


何の役にも立たない。




「困ったな。・・・・・ごめん。調子に乗りすぎたかな。機嫌を直して。

フレア。ねぇフレア。」




宥めるように口にして、フレアに更にそっと近づこうとした時に、いきなり手元にピリッと痛みが

走った。



剣呑な顔で手元を見ると手の甲から血が滲んでゆく様が目に映った。





「あ・・・れ?」


それを怪訝に思う間もなく、いきなり足元を何かが通った気配がする。


驚いて、注意を足元へと向けると、何か黒いモノが横切ったのを目にした。


それは素早い速さで通り抜けたかと思うと、タッと高い音を響かせ、アルファの目の前に


飛び上がって着地した。



俯いていたフレアの膝に一匹の黒猫が我が物顔で座りこんでいた。










<戻る  進む>

スポンサーサイト
【2008/01/26 00:40】 | 中編小説 魔女の館 5 | トラックバック(0) | コメント(0)
魔女の館 (4)
(4)従者の心配事



よく手入れされた花咲き乱れる庭の一角を占領しながら、アルファは小さくため息を吐いた。


さきほどから美しい花々がなんとなく色あせて見えるのは、フレアが消えてしまっ

てからだろうか。


「遅いね。」


なんとはなしにその花々を見やりながら物憂げに目を細めるアルファへとエルデルはやや困っ


たように小さく頷いた。


「ええ。お菓子の用意に手こずっていらっしゃるんじゃないでしょうか?」

馬鹿丁寧な答えが何処か業務的な口調だったのが気に入らず、アルファは少しだけ苛立つ。


後ろに控える従者へとちらとだけ目をやってから、アルファはいつもの詰まらなげな目を一層


詰まらなそうなものへと変え、冷ややかに言葉を吐いた。


「まあ、そうだろうね。にしてももう少し何かいい答えは思い浮かばなかったのかい?

ひねりも何もなさすぎて、一瞬苛立ちを覚えたよ。」



「は・・・えぇ!!?」


なにやら理不尽な言葉に一瞬素で驚いたエルデルを見やり、アルファが意地悪げに笑った。



「冗談だよ。落ち着いて。」


柔らかく落ち着いた声音で言ってあげると、エルデルはわたわたと慌てた後、居住まいを正す


ようにごほごほと数たび、咳こみ自分の落ち着きのない慌てぶりを誤魔化した。


いつもは姉をお手本にしているのか、落ち着いた従者を気取る青年にちょっとした嫌がらせ


である。一通りその様子を観察し、少し溜飲が下がったアルファは恥じ入るように顔を俯けて

いるエルデルから視線を離した。



アルファは何事もなかったように優雅に椅子に座りなおした。




それにしても本当に遅い。


お菓子を出すと立ち上がってから、もう半刻ほど時が経つ。何をどうやればここまで時間が


かかるのかも皆目分からないし、人に待たされる経験があまり多くはないアルファは暇を


持て余していた。


城を見れば満足だったはずの気持ちは、既に薄らぎ、アルファが待ちわびるのは先ほど

であったばかりの子どものことだけである。







「いったい僕のお姫様は何処まで行ってしまったのだろうね?」

つい、そのままの心情を声に出して言うと、後ろに立つ従者がひくりと変な声をあげた。


「あ、ああ、あの、アルフォール様。そのような言い回しをされては、貴方が幼い子どもに熱で


もあげているように取られてしまいます・・・」


心配げな声にアルファの手入れがなくとも細い眉がぴくりと上がった。

エルデルには見えないだろうが、眉間に少々皺が寄る。


アルファにとってはお姫様というのはただの揶揄のつもりで言ったのだが、エルデル

はそのように聴こえなかったらしい。



「エルデル君。もしやそのような詮索を先ほどからしていたのかい?」


おっとりとした話口調だが、エルデルはぞくりと背筋に悪寒を感じて、小さくうめいた。


長い付き合いのエルデルだからこそ、アルファの声音の違いに気付いたのだろう。


冷ややかさなど少しも感じない柔らかい口調だが、その声が少しアルファを怒らせていること

に気付いたエルデルは、続けて言おうとした事柄を口をぱたりと閉じることで止めた。




「言っておくけれど、僕が今まで貴婦人に手をださなかった理由は君が想像しているような


いや、妄想しているような理由じゃないからね。


全く浅はかなのは昔から変わらないのだね。僕は別に小さな子どもしか愛せない訳ではない


よ。確かに可愛らしい娘だけど、僕が考えているのは君が思っているような下劣な気持ちから


じゃなく純粋に興味がわいたってだけなのだよ?


妙な想像にいらぬ冷や汗を掻くのは君の自由だけど、僕を巻き添えにするのはやめてくれ


ないかい。」


辛辣に振り向きもしないで紡いだ言葉。しかし怒っているようには到底思えない声音で常人には


分からないであろう苛立ちが篭っているのにけれど、エルデルは気付いたようだった。


言葉もなくこくりこくりとうなずきしゅんと俯く。



アルファが見ているわけでもないのだから、意味がないように思えるが、アルファはそれを感じ


たのか、それ以上は言わなかった。



少し静かな間があく。



しゅんとうな垂れている姿が見ずとも目に浮かび、アルファは言い過ぎたかという気もしない

でもなかった。




「あのアルファさ・・・アルフォール様っ」



気落ちした声が響き、はっとしたように改まる声音に少し笑ってしまう。

いきなりくすくす笑った、アルファに不思議そうな目が送られてきて、アルファは余計に

可笑しかった。



「エリダが何と言ったかは知らないけど、別に昔みたいにアルファと呼んでくれても

いいんだが?」


「いいえ。駄目です。何をおっしゃるのですか?

貴方の身分を知らなかった昔とは違うのです。わたしのような従者に簡単に愛称など呼ばせ

てはいけません。」



真剣な顔で言うのでアルファはそれ以上の強要はしない。

日増しに似てくる姉弟に少し複雑な気分を味わいながら、小さく呟いた。



「僕は、あまり本名が好きではないのだけどね。」


エルデルは静かに呟いたそれが聴こえていたようで、はっと心痛の表情を浮かべ、押し黙った。





「出来ればアルファの方が気が楽なんだよ。」

アルファは振り返らなかった。けれど、それが更に背後に静かに立っているエルデルを

悲壮な顔つきへとさせる。


「あの、ですが・・・その・・・」


困ったような声で青ざめるエルデルの様子に、アルファはちらりと振り返った。




「なんてね。もう過ぎたことを僕が引きずる性格だとでも思うかい?本当にからかいがいが

あるな。エルデルくん。最近じゃ姉君も仕草を真似て落ち着いたふうを装っているが、僕は

覚えているよ。昔から身の上話を親身になって聞いてたっけ?確か一度それに騙されて大金

を騙し取られたよね?エリダに鬼のように叱られていた君に僕が言った言葉覚えているか

な??」


エルデルが戸惑った顔でアルファを見ていた。

そして、過去を思い出すような仕草でさっと顔が青から朱に染まってゆく。



「アルフォール様!!!!!」


「あ、思い出したかな?僕は笑顔でこう言ったんだよね。

バーカ。って。君確か泣きそうな顔で僕を見ていたっけ??」




過去を思い出すようなそぶりのアルファへとエルデルは、色んな思いが綯い交ぜになったよう

な複雑な顔で睨んできた。




「ええ。わたしはその時初めて優しげだったアルフォール様を悪魔だと認識しましたよ。

睨みつけたわたしを見た、エリダに更に凶悪な顔で怒られましたから。」




アルファは楽しげに笑った。


エルデルはさきほどの話など忘れさって顔を赤く染めて、怒りを含んだ顔をどうにか落ちつか

せようと葛藤している。


「あははは。君って本当損な性格だね。エリダも真面目だから仕方がない。

言っておくが、エリダの小言を最終的に止めてあげたのは、僕だよ。」



「・・・・・・・・・ええ、まるまる30分程近くで笑い転げてましたっけ?本当に最終的

ですよね。」




エルデルの恨めしげな顔を見て、アルファはまた少し笑った。


この庭に来てから、よく笑っているような気がするな。とふと思う。


過去の話をするのはもう何年ぶりのことだろうか。それほどに枯れていた自分の本心から


の笑みにアルファは少し可笑しくなった。





『アルフォール・・・ねえアルフォール。

あたしと一緒にお庭でお散歩しましょうか?』



耳奥で鳴るのはどこか懐かしい、あの人の声で。



それはそっと、自分の奥の奥へと隠して消えた。







「フレア様戻られたようですよ!!」



庭にいつの間にか、見える小柄な娘にアルファは如何してか少しだけほっとした。












<戻る  進む>












【2008/01/10 20:40】 | 中編小説 魔女の館 4 | トラックバック(0) | コメント(0)
鉄鼠の檻/京極 夏彦 読破!!感想~
みっちです♪




正月明けにちょこっと読書しましたぁ。京極夏彦さん著作の「鉄鼠の檻」。


独特の雰囲気に引き込まれて一気読み♪


いやあ。本当不思議な感じに飲まれながら息つく暇もなく読んだね。


はじめに出てくる、坊主との会話が印象的やった。


―拙僧が殺めたのだ。

―今御身が足で探っていたものはそれは人の骸だ。

―彼の者はそう牛だ。

―拙僧は鼠だ。


全く何のはなしかわからず読み始めたけど、この僧侶が薄気味悪くて、想像力がすごい働い


てこの会話が印象深いです。


伝記みたいな昔のお話かとはじめは思ったけど、違ってました。


実際にあったとは。ああいうふうに繋がったんね・・・・・・・・・・・


馬鹿なんでイマイチ良く分からない表現とか意味が分からない坊主の会話とかがあんまり


理解できんかったけど、それでもやっぱり引き込まれる程魅力ある文章ですぐに読んで


しまいましたぁ。



余談ですが、何故か魍魎のはこと狂骨の夢をすっとばして読んでしまったというアホです。


はい。


だって、関さんが一杯出てくるようだったし、パソで調べたら面白いって噂だったので。


けど、一巻とリンクしたお話だったみたいなので(偶然)案外楽に読めました。



途中まで、「あの事件」で会ったおじいさんという人がまさか一巻のあの人ときづかなくて


びっくりしました。


一巻て、誰が悪いっていうかいろんな要素が交錯しての結果やったのだろうし、どうしょうもな


い感じでしたけど、おじいさんは気付かんかっただけで全然悪くなかったのにちょっと切なかっ


た。



今回の事件でまた診療所で働こうかと思ってくれて良かったと思ったね。



京極さんって、ミステリやけど「怪奇」でもある現実だけじゃ測れんような話かくなぁって


改めて思った。そんで余計に好きになった。



謎って多い方が好きかも。


読み終わってみて、すべての謎が解けたわけではないけど、でもとりあえずほお~~~って


いう終わりでしたね。


人って恐い。怖い。こわい。本当怖いなって思う。


動機はあたしには推し測れん理由やけども、あの人にもあの人なりの何か根拠があるん


かなあ??結局あの人は人間じゃなかったのかな???



謎は一杯残ってあたし的にはまだ消化不良やけど(ただあたしの物分りが悪すぎるだけ?)


でも、深みにはまっておかしくなってゆく僧侶らの暗い部分はものすごく伝わってきた。





結局、完璧ってひとは絶対いなくって、絶対何処かしらの穴がある。


一個の過ちが取り返しのつかんことになるんやなぁって思った話やった。






そんであたし、今回で榎さんのファンになったわ。


いいとこでてくるなぁ。ほんでかき回すだけかき回して、退場したかと思ったらまたいいとこ


に。本間にいいキャラしてます。



関さんにもうちょっと、そういういい場面、分けてあげてって言いたくなった。



いや、関さんの相当不安定な感じも見ごたえあったけどね。


それでも最後とか全く活躍ないやん。とか思ってちょっとショックだった。



京極堂とか、榎木津とかすごい個性的でなかなか親しくなれんような人らと大分親しいの


にこのインパクトのなさってちょっと酷い。


いや、ある意味インパクトはあるけどさぁ。割りとあんまり話してなかった気がするし、最後


倒れただけってのがちょっとなぁ・・・・。もうちょい何かしらいい役目を与えてあげて


ほしかったわ。



その分榎さん大活躍やったね。美形僧侶の慈行さんとの相対するシーンはめっちゃ


好きや~~~。あのなんとも言えん緊張感とか、鳥肌もんやね。


言葉で圧倒させる慈行さんすら、警戒させて黙らせる榎さんってやっぱ凄いわ。



そんで前半めっちゃ鬱陶しかった山下警部補が距離をおきたくなるくらい強烈な性格で


西洋磁器のような美形って・・・・・・・・・・・それであの力は・・・・・いいキャラすぎます。


京極道も今回出番少なかったので一番榎さんが目立った話だった気がする。



いやこの3人皆、好きやけどね♪♪






一番怖くて、どうしょうもないのはあの兄妹よね。


鈴子の最後怖かった。絶対別人かと思いよったらなにあれ。


兄の反応も仕方ないと思うよ・・・・・。


あの外見で、あんなん夢でてくるって!!!鈴のでてくる場面は全てホラーやったし。



という訳で参考になるかは分からないけど、感想はこんな感じ。


総合的にやっぱ面白い。


怖いけど、登場人物のおかげで楽しく見れます。うん、なかなか面白かったです。


















【2008/01/05 01:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
☆★☆Life★☆☆


主に小説

カウンター

現在の閲覧者数:

ブックマーク♪

★プロフィール

mitu

Author:mitu
★紹介文★

主に小説書きをしていく予定。よろしくお願いします。
管理人 mitu
血液型 O型
学生   

最近の記事+コメント

めにゅ♪

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

★リンク

このブログをリンクに追加する

★ランキング参加中 ポチっと押してネ♪

FC2ブログランキング

お気に入りサイト

ちょびリッチ

懸賞・小遣い ちょびリッチ ↑わたしの一番お気に入りのサイトです。小遣い稼ぎにGood マクロミルへ登録 ↑アンケートモニターサイトの中ではぴか一。貯まりやすく、アンケートがたくさん届くのがいい。

Lc.ツリーカテゴリー

2択アンケート♪

ランキングLINK

<< にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。