FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
小説・・・もどき!!!「並木道」
「並木道」




ふわりと首のマフラーが揺れる。外はあまりに寒く、着込んだコートの下身震いする。

冬。あまり好きではないこの季節。中と外の温度差に戸惑う。

周りを見渡すと、ただただ道が続くばかり。まばらな人通り。

わたしは、ふと曲がり角を眺めた。

いつもの通り道。しかし、わたしの視点はいつもよりとても繊細で美しい光景を捉える。



その道を曲がると、思わずはっとするほどの並木道が現れた。

はらはらと静かに舞い落ちる紅葉の葉がとても綺麗にわたしの目に映った。

それまでまばらだった人たちが誰もいなくなり、その長い並木道だけが淡々とわたし

の前に広がっていた。

まるでそれを独り占めにしたような気持ちで、自転車の上静かに美しい紅葉を見上げた。

寒さなど忘れるくらいその光景が幻想的に、そしてもの寂しげにわたしの前に佇んでいる。



地面は枯れた葉が積もり、茶色い絨毯を敷いたようで、その上を走るわたしはとても

不思議な気分を味わった。

紅葉は綺麗だというけれど、舞い落ちる葉は裏腹に寂しげでありその対比がわたしには美し

い。目で見るというよりも肌で感じ、身体全体で光景を楽しむわたしの頭にたくさんの言葉が

流れた。



朝には確かにただの並木道。

枯葉をせかせかと掃除するおじさんをただ視覚に入れ、忙しく、隣を追い越した。

しかし、同じ風景なのに確かに今のわたしの心は清水のように鮮麗だった。

汚いものがたくさん洗われ、浄化されてゆく気分を味わう。

紅葉が綺麗。落ちる葉が綺麗。静かな道が綺麗。耳をそよぐ冷たい風が綺麗。



そして、わたしは青空を見上げる。

すっきりと澄んだ青空ではなかったけれど、青を隠す真っ白な雲との共存が心に響く。

いつもの道が、いつもの通り道が、わたしの身体を揺り動かす。

まるで小説の主人公のごとく、頭に舞い降りた言葉を心の中で呟きながらわたしは道を

軽快に通り抜けた。


空はとても澄んでいて、同じくわたしの心も綺麗に澄んでいる。




「並木道」明日もまた、わたしは無心で通り抜けるだろう。


この美しい並木道を。

























小説??詩??ていうか今日の蜜の帰り道の話。とりあえず、すっごく書きたかったんですよね。

勿論「わたし」はあたしのことです。











スポンサーサイト
【2007/12/01 01:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<魔女の館 (1) | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://heibonbonlife.blog119.fc2.com/tb.php/66-d931a01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
☆★☆Life★☆☆


主に小説

カウンター

現在の閲覧者数:

ブックマーク♪

★プロフィール

mitu

Author:mitu
★紹介文★

主に小説書きをしていく予定。よろしくお願いします。
管理人 mitu
血液型 O型
学生   

最近の記事+コメント

めにゅ♪

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

★リンク

このブログをリンクに追加する

★ランキング参加中 ポチっと押してネ♪

FC2ブログランキング

お気に入りサイト

ちょびリッチ

懸賞・小遣い ちょびリッチ ↑わたしの一番お気に入りのサイトです。小遣い稼ぎにGood マクロミルへ登録 ↑アンケートモニターサイトの中ではぴか一。貯まりやすく、アンケートがたくさん届くのがいい。

Lc.ツリーカテゴリー

2択アンケート♪

ランキングLINK

<< にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。